検索フォーム


ニコ動投稿動画


プロフィール

deja音色

Author:deja音色
なんでdeja音色かというと、Rioさんていう人と弾き語りデュオをやろうという話になってじゃあわたしデジャネイロにするーっリオ・デジャネイロだねあははといったきりまだデュオが実現してないからdeja音色が一人歩きしてる状態っ

UTAUSNS ID=111
ボカロにゃっぽん ID=8939


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新記事


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「月刊UTAUオリジナル曲ランキング#09年12月度」の

「特定P特集」にて取り上げていただきましたっ Σ(・ x ・ノノ
大百科に続いてありがたやありがたや・・・



大百科の方は、幾分MMD関係からの視点が強いのですが、こちらは当然、UTAUオリジナル曲作者としての視点になっています。
共通するのは「雪歌ユフに入れ込んでる動画作者」であるということw
それぞれが補完しあうような記述になっていることが面白いなあなどと(・ ヮ・

書く機会を逃していましたが、週刊うたらんでも何度か楽曲をピックアップしていただいています。
アクセス数とかは決して多くないですが、いろんな人に見て頂けてること、また紹介していただける方が居られること、ほんとに嬉しいです つ x ;

みなさん、ありがとおおおっ
もっともっとがんばりますよーっ!
スポンサーサイト

ニコニコ大百科に

「deja音色」のページができていました! Σ(・ x ・;ノノ

ニコニコ大百科

うひゃーっ 素直に嬉しいです! つ x ;
どこのどなたか存じませんが、ほんとにありがとうございました!!!
[追記] はばっちさんからのコメント情報で書いていただけた方のハンドルを知ることができましたっ
16BITさん、ありがとうございましたっ!!!

内容もとても詳しく...本Blogと公開動画を一通り目を通さないと記述できないですね、これはっ
あちこちに書き散らかした、昨年のニコ動での活動を網羅していただいています。

「ユフ廃」が全面に出てるのは望むところなのですが、傍から見てるとこういった感じなんですね。
自分ではよくわからないので、ある意味新鮮でしたw

「deja音色さんの一番評価できるところは『ユフ愛』です」という主旨の評価をいくつか頂いておりましたが、それを裏付ける内容となっておりますw

欲を言えば(言うのか!?)、楽曲そのものに、もう少し注目してもらいたいのが本音であります。
それは自分の精進次第!

「ユフ愛」に負けず劣らない曲を目指してがんばります!
ありがとうございました!!!

MMD本体もどんどん進化して最新モデルから見るとだいぶ見劣りするようになってしまった...なんとかしたいのですが...=□○_

雪歌ユフのツイッターBOTを

作ってみました(・ x ・
もちろん非公認・非公式であります。

  Twitter用アイコン ユフてら
 
ユフが喋りそうなセリフといえば、

 「ずっと冬だったらいいのに...」

しか思い当たらないため、一定時間ごとにツイートするのは現在のところ自重しています。

【名称】ユフてら
【機能】
  • 毎日15時に「全国のカステラ」ネタでツイート
  • 特定ワード(「おはよ」「おやす」等)を含むツイートに返信
    例) 「@yufu_tella ユフ、おはよう」
  • 特定ワード以外のツイートに「カステラ占い」を返信
    例) 「@yufu_tella (任意の言葉)」

「カステラ占い」は、占いというほどのものではなく、ランダムに励ましの言葉を返す遊び程度に考えてください。

「ユフはこんなこと言わない!」「セリフ回しがイメージと違う...」などの感想があるかもしれませんが、飽くまでdeja音色個人のイメージですので、ご了承ください(おそらく標準より「活発」なイメージを持ってると想像しています)。

雪歌ユフというキャラクターの使用許諾権利を持っておられる、浮揚六花さんからのご意見・ご感想には誠意を持って対応させていただきます(それ以外の方からの場合は、ケースバイケースと言わざるを得ませんので、合わせてご了承ください)。

今後も折を見て、より楽しめるよう改造して参ります~(・ ヮ・

【その1】突然ですが編曲講座/HR・HMアレンジ編

突然ですが開始します(・ x ・
やることは2つです。

  1. コード・アレンジ
    すでに完成してる曲にコードを振り直す。

  2. ジャンル向けアレンジ
    特定の音楽ジャンル向けのオケを作成する。今回は、とある事情でHR/HMへアレンジ。

以前にカバーさせていただいたオトズレさんのこの曲↓を、再びお借りします(多謝)。



以前のカバーはこちら↓



このときは、原曲オケをお借りしつつ、譜割りとコーラスを軽目にアレンジさせていただきました。
今回は、

  1. 8ビート → 三連(12/8)
  2. 譜割りとコーラスは前回と同様、原曲メロを尊重し軽目にアレンジ
  3. コード完全振り直し
  4. イントロ、間奏、エンディングは新規に作成し、全体の構成も再検討
  5. オケは、ゆるロック → HR/HM

と大鉈を振るって大胆にアレンジさせていただきます。

ちなみにメロディそのものをいじるのは編曲の範疇を超えてしまうため、やってはいけません。
やっとるやんけーっという声も聴こえて来そうですが、ポップスにおける歌メロ譜割り変更に関しては「様々な個々の歌い手のリズムで歌われるもの」的な観点からアリ。
コーラスに関しては、元メロ+コードが持つスケール感を逸脱しない限りにおいてこれもアリ。
細かく言い出すといろいろアレですが、「原曲メロ」は尊重されなければなりません、ということです。

とはいいつつ、何がしかの強い説得力があれば変えてもいいんじゃないか、とも思います。
あ、本筋じゃないので、これくらいに。

では、コード・アレンジをします。
解説は次回まわしで、まずは元のコード進行とアレンジしたコード進行を以下に掲載。

◆元のコード進行(Key:A)

イントロ(間奏、エンディングも同様)
| A         | D    C#m Bm |
| A         | D    C#m Bm |

Aメロ 目覚めた時は~
| A         | D    C#m Bm |
| A         | D    C#m Bm |

Bメロ りりりりりり~
| A    D    | C#m  Bm  |
| A    D    | C#m  Bm  |

サビ 月のアンプを~
| D         | E         |
| A         | F#m       |
| D         | E         |
| A         | A         |


小細工無しのパンクロックなコード進行、清々しいです。
この進行に、小賢しいポップス的なコード・アレンジを加えてみます。

◆ポップス調コード進行(Key:A)

イントロ&Aメロ 目覚めた時は~
| A         | A/G#      |
| F#m7      | B7(9) E7  |

Bメロ りりりりりり~
| A         | A/G#      |
| A/G       | F#m7      |
| DM7(9)    | A/Db      |
| B7sus(9)  | E   F7    |

サビ 月のアンプを~
| Bm7       | E         |
| A         | F#m7      |
| DM7       | Abm7b5 Db7 |
| F#m7      | F#7       |

| Bm7       | E         |
| A         | F#m7      |
| DM7       | E         |
| A         | A         |


ベースの下降進行とツーファイブ(4度進行)と代理コードで、半ばメカニカルに各パートを構成/接続しました。

DAWにコードを流しこんで適当なポップス・Presetスタイルで出力したものがこちら↓

 月のハウリング-ポップス・アレンジ-その1
 [追記]聴き直してみるとメロが遅れた感じ強いので差替え。
 メロだけそれなりにミックスし直しました。


あやや(我ながら古いなあ)とかブリブリとカワイクが歌ってところを暫し妄想。

次回(未定ですが)は、コード・アレンジで施した「メカニカル」な部分を中心に、なんで元のコード進行がこうなるのかを説明してみたいと思います。

わからないコードや用語は、次回ある程度説明しますが、ggrなどして調べてもらった方が、実になりやすいと思います(説明以前に気付いてもらえれるのが一番)。
コード理論の学習、というかコード理論の実践は、身に馴染んだ瞬間「あ、なんだ・・・こゆことだったのね」と得心できることが多いのです。

記載された内容についてのご指摘などは、コメントまたはメールフォームよりお願いいたします。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。