検索フォーム


ニコ動投稿動画


プロフィール

deja音色

Author:deja音色
なんでdeja音色かというと、Rioさんていう人と弾き語りデュオをやろうという話になってじゃあわたしデジャネイロにするーっリオ・デジャネイロだねあははといったきりまだデュオが実現してないからdeja音色が一人歩きしてる状態っ

UTAUSNS ID=111
ボカロにゃっぽん ID=8939


最新コメント


カテゴリ


月別アーカイブ


最新トラックバック


最新記事


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【その1】突然ですが編曲講座/HR・HMアレンジ編

突然ですが開始します(・ x ・
やることは2つです。

  1. コード・アレンジ
    すでに完成してる曲にコードを振り直す。

  2. ジャンル向けアレンジ
    特定の音楽ジャンル向けのオケを作成する。今回は、とある事情でHR/HMへアレンジ。

以前にカバーさせていただいたオトズレさんのこの曲↓を、再びお借りします(多謝)。



以前のカバーはこちら↓



このときは、原曲オケをお借りしつつ、譜割りとコーラスを軽目にアレンジさせていただきました。
今回は、

  1. 8ビート → 三連(12/8)
  2. 譜割りとコーラスは前回と同様、原曲メロを尊重し軽目にアレンジ
  3. コード完全振り直し
  4. イントロ、間奏、エンディングは新規に作成し、全体の構成も再検討
  5. オケは、ゆるロック → HR/HM

と大鉈を振るって大胆にアレンジさせていただきます。

ちなみにメロディそのものをいじるのは編曲の範疇を超えてしまうため、やってはいけません。
やっとるやんけーっという声も聴こえて来そうですが、ポップスにおける歌メロ譜割り変更に関しては「様々な個々の歌い手のリズムで歌われるもの」的な観点からアリ。
コーラスに関しては、元メロ+コードが持つスケール感を逸脱しない限りにおいてこれもアリ。
細かく言い出すといろいろアレですが、「原曲メロ」は尊重されなければなりません、ということです。

とはいいつつ、何がしかの強い説得力があれば変えてもいいんじゃないか、とも思います。
あ、本筋じゃないので、これくらいに。

では、コード・アレンジをします。
解説は次回まわしで、まずは元のコード進行とアレンジしたコード進行を以下に掲載。

◆元のコード進行(Key:A)

イントロ(間奏、エンディングも同様)
| A         | D    C#m Bm |
| A         | D    C#m Bm |

Aメロ 目覚めた時は~
| A         | D    C#m Bm |
| A         | D    C#m Bm |

Bメロ りりりりりり~
| A    D    | C#m  Bm  |
| A    D    | C#m  Bm  |

サビ 月のアンプを~
| D         | E         |
| A         | F#m       |
| D         | E         |
| A         | A         |


小細工無しのパンクロックなコード進行、清々しいです。
この進行に、小賢しいポップス的なコード・アレンジを加えてみます。

◆ポップス調コード進行(Key:A)

イントロ&Aメロ 目覚めた時は~
| A         | A/G#      |
| F#m7      | B7(9) E7  |

Bメロ りりりりりり~
| A         | A/G#      |
| A/G       | F#m7      |
| DM7(9)    | A/Db      |
| B7sus(9)  | E   F7    |

サビ 月のアンプを~
| Bm7       | E         |
| A         | F#m7      |
| DM7       | Abm7b5 Db7 |
| F#m7      | F#7       |

| Bm7       | E         |
| A         | F#m7      |
| DM7       | E         |
| A         | A         |


ベースの下降進行とツーファイブ(4度進行)と代理コードで、半ばメカニカルに各パートを構成/接続しました。

DAWにコードを流しこんで適当なポップス・Presetスタイルで出力したものがこちら↓

 月のハウリング-ポップス・アレンジ-その1
 [追記]聴き直してみるとメロが遅れた感じ強いので差替え。
 メロだけそれなりにミックスし直しました。


あやや(我ながら古いなあ)とかブリブリとカワイクが歌ってところを暫し妄想。

次回(未定ですが)は、コード・アレンジで施した「メカニカル」な部分を中心に、なんで元のコード進行がこうなるのかを説明してみたいと思います。

わからないコードや用語は、次回ある程度説明しますが、ggrなどして調べてもらった方が、実になりやすいと思います(説明以前に気付いてもらえれるのが一番)。
コード理論の学習、というかコード理論の実践は、身に馴染んだ瞬間「あ、なんだ・・・こゆことだったのね」と得心できることが多いのです。

記載された内容についてのご指摘などは、コメントまたはメールフォームよりお願いいたします。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://dejaneiroo.blog34.fc2.com/tb.php/126-10880b53

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。